トヨタ プリウス特別仕様車 SグレードにセーフティセンスP標準装備 2016年8月8日発売

トヨタの大人気ハイブリッドカー50型「プリウス」に早くもお得な特別仕様車が設定され2016年8月8日発売されます。

ベースグレードは衝突予防安全アシスト機能と一部の装備品がオプション設定の廉価版「プリウスSグレード」。

プリウス S“Safety Plus” 特別仕様車 発売価格

  • 2WD(FF) 2,693,520円
  • E-Four(電気式四輪駆動) 2,887,920円

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13011061/

2016 プリウスSグレード

主な特別装備内容

セーフティプラスと言う「トヨタ セーフティ センス P」衝突予防安全システムを標準装備。ミリ波レーダー+単眼カメラにより市街地から高速道路での自動車及び歩行者との接触事故を検知し自動回避と、ステアリング自動制御機能付き車線監視するレーンディパーチャーアラート、夜間の視認性を向上させるオートハイビームアシスト、ブレーキ制御付きオートクルーズコントロール。ドライバーの負担やストレスを大幅に低減してくれます。

LEDフォグランプ。Sグレードはヘッドライト下のフォグランプはオプションとなりエアインテークのメクラ蓋の様なエクステリアデザインとなるのだがこれが標準装備される。

バックモニター(リヤビューカメラ)。メーカーオプションのナビレディパッケージを追加する事で、プリウスをバックする時にリヤ側に取り付けられているカメラの映像をナビモニターで目視できる機能。

パーキング・アシスト機能。ステアリング右下のスイッチで車庫入れ駐車→縦列駐車→アシストOFFを切り替えられる。

音声認識機能付きハンズフリーステアリングスイッチ。これもナビレディパッケージを追加しないとスマートフォンをBluetoothで繋いでハンズフリー機能を利用する事が出来ないが手元でテレビや音楽のボリュームコントロール機能を持つ。

セーフティプラスで増える設備。フロントのトヨタエンブレムにレーザーレーダーセンサーとルームミラー後ろにカメラが取り付けられ、ステアリング付近にレーダークルーズコントロールスイッチとオートマチックハイビームスイッチが追加とステアリングの右側のスポークにレーンディパーチャーアラートと車間距離切り替えスイッチが追加。

2016-prius50-5

プリウス・パーキングアシスト。マルチインフォメーションディスプレイに車庫入れや縦列駐車中の動作状態が表示される。

2016-t-0801001

ステアリング左側のスポークに音声認識機能付きハンズフリーステアリングスイッチ追加。

2016-prius50-7

ベースのSグレード純正ステアリング。

2016-prius50-8

LEDフォグランプ比較、写真上無し写真下有り。

2016-prius50-3

ナビレディパッケージのバックカメラ。リヤ側のトヨタエンブレムのすぐ下に目立たない位置にカメラが取り付けられる。写真下はナビ別売りですがナビレディパッケージ取り付けられた液晶モニター画面にプリウスの後ろの様子を目視出来る。(ギアをRレンジに切り替えた時のみ)。

2016-prius50-10

特別仕様車設定ボディカラーは4色。

写真上から「アイチューンド ブラック マイカ」「スティール ブロンド マイカ」、「ホワイト パール クリスタル シャイン」、「シルバー メタリック」。

2016-prius50-11

2016プリウス 特別仕様車 主要諸元

FF E-Four
全長x全幅x全高(mm) 4540x1760x1470(mm) 4WD全高1475mm
ホイールベース(mm) 2700
定員 5名
エンジン 1.8リッター直列4気筒DOHC 2ZR-FXE型
最高出力 98ps/5200回転
最大トルク 14.5kg.m/3600回転
フロント駆動モーター 1NM
フロント駆動モーター最高出力 72ps
フロント駆動モーター最大トルク 16.6kg.m
リヤ駆動モーター 1MM
7.2ps
5.6kg.m
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費(km/L) 37.2 34.0
トランスミッション 電気式無段変速機
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする