トヨタは新型のコンパクトトールルワゴンを2016年秋頃発売 2列5人乗りパワーユニットは1.0Lターボを搭載

トヨタは新型のコンパクトトールワゴンを2016年11月9日に発売を予定。

確定情報 車両サイズは全長3700mmx全幅1670mmx全高1740mm。

パワーユニットは1.0リッター直列3気筒エンジンでNAとターボの2ラインナップ。駆動方式はFF&4WDだがターボ車の設定は駆動方式FFのみとなる。

FF駆動方式JC08モード燃費 NAエンジンモデルは24.6km/L、ターボエンジンモデルは21.8km/L

コンパクトトールワゴンの情報としましては既にトヨタの各販売店にコンセプトを提示済で、概要としてはハイルーフ型のコンパクトサイズのエクステリアで2列シートの5人乗りとなるそうです。

開発及び生産はダイハツが行い、トヨタとスバル(トレジアとして発売)へのOEM供給となる。

2016-t-20160829001

パワーユニットは新開発の1.0リッター直列3気筒ターボエンジンとされて、詳細は確認できていないのですが駆動方式はFFでトランスミッションはCVTとなるものと思われます。販売はトヨタ全系列店で、順次販売を終了する8車種の代替後継モデルとなるとの事。

確定したエクステリアの情報はありませんが、ダイハツからOEM供給を受けて販売しているパッソの派生車となるそうで比較的かわいいデザインとなるのかもしれないです。

写真はHINATAです。流石にキーンルックは無いのではと思います。

suzuki2016so-002

同メーカーの女性に人気のココア。

suzuki2016so-0025

予想イメージ。両側スライドドアとなる情報もあるのですが確定次第情報を追記させていただきます。

suzuki2016so-0028

トヨタが昔取り扱っていたコンパクトトールワゴンの代表としては「すごいぞぼくらのファンカーゴ」(1999年から2004年まで発売)ですよね。ファンカーゴのパワートレーンは1.3リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載したモデルで車重重たく1000kgをオーバーしており余り燃費はよくなかったです。(私も所有してました)

一時期まちなかにはファンカーゴが溢れかえっていたのですが2015年現在ではいつの間にかその姿を見かけなくなりました。

ファンカーゴ

トヨタは2016年度から小型車市場に軸足を置く方針で、2016年1月28日にダイハツを完全子会社化も表明しているので軽自動車市場でもスズキやホンダに対抗出来る新型モデルが続々と登場しそうです。

コンパクトトールワゴンの登場と共に販売を終了するモデル

2016年前半に販売終了予定モデル。

iQ。1.3リッター3ドアハッチバックモデルで定員は4名。

suzuki2016so-0026

bB。1.3リッターコンパクトワゴンモデル。

suzuki2016so-0027

イスト。1.5リッター5ドアハッチバックモデル。

suzuki2016so-0030

ラクティス。1.3リッターコンパクトワゴンモデル。

suzuki2016so-0031

FJクルーザー。4.0リッター大型クロスカントリーモデル。

suzuki2016so-0032

2016年中頃に販売中止予定モデル。

RAV4。2.4リッターアーバンSUV。後継モデルはC-HR。

suzuki2016so-0033

ウィッシュ。1.8リッターミニバンモデル。

suzuki2016so-0035

アイシス。1.8リッターミニバンモデル。

suzuki2016so-0036

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする