WRX-STI(VAB)のダンロップ純正タイヤは異常摩耗するので早めにローテーションがお勧め

最近よくABS(アンチロックブレーキシステム)が発生するのでタイヤを点検すると、なんと走行距離わずか4500km未満なのに異常摩耗してました。

これが異常摩耗したフロントタイヤです。センターよりも少し外側の場所だけ摩耗してしまっている。よく見るとセンターから外側のタイヤの形が「n」文字の様な状態に。車高調は入れてないし空気圧は何時も規定通りの空気圧です。

異常摩耗している箇所は赤い所のラインと言うか場所。

一般的にタイヤが摩耗しやすいのは外側なのに何故ダンロップのタイヤはセンター外側から摩耗しているのか良くわからない。スバル車に搭載されている「アクティブトルクベクタリング」の影響かコーナーリング中の「アライメント変化」の影響なのか?

WRX純正タイヤは半年目安にローテーションが良いかも

実は半年点検の時にスバルのサービスさんにタイヤのローテーションをやって欲しいとお願いいたのですが、スバルのサービスさん曰く「ブレーキの点検は半年点検だとやらないので料金が発生する」との事でしたので、自分でローテーションするのも面倒くさいので無料でローテーションを行ってくれる一年点検の時まで先送りした次第です。

また他のWRXオーナー様からダンロップの純正タイヤは20000kmは持つと言う情報もありましたのでタイヤの摩耗は全く気にしていなかった。

まさかの走行距離わずか4500km未満でダンロップの純正タイヤ「SPORT MAXX RT」の一部の溝が異常摩耗。それの影響下は分からないですが頻繁に(フロントブレーキ)ABSが発生する。

普通に走っている分にはABSは発生しないが、一呼吸ブレーキングのタイミングを遅らせたときにABSが発生して結果的に減速距離が長くなってしまう、ABS発生のままコーナーに入ってしまわなければならない状態に。

新品と比較 WRXのダンロップ純正タイヤ

これが新品の「SPORT MAXX RT」タイヤです。

最初に見てもらったタイヤの反対側のフロントタイヤも同様に異常摩耗している。

リヤ側のタイヤはまったくそんな事は無くほぼ新品同様でした。運転席側のリヤタイヤ。

助手席側のリヤタイヤも新品同様。

ダンロップはもう履かない

DZ102を履いてとんでもない目にあった事もあり結論的にダンロップはどうも私と合わない。

なので今回タイヤのローテーションは行わずにこのタイヤはそのままにしておき、知り合いのNさんにインプレッサtSタイプRAの純正BBSホイールを貸してもらっているので、そちらにフェデラルの「595RS-RR 245/40R18 93W」を購入し取り付けて装着します。

http://federaljapan.com/products/595rs-rr/

本当はポテンツァのRE050Aを入れたかったのですがフェデラルも一度試してみたかったので先にコストの安い595RS-RRを購入した次第です。多分すぐに無くなるので次はナンカンのNS2R(80)を入れたいところですがサイズが無いので「RE050A」を入れます。

595RS-RRはすでに購入済なのですが納期が1月末予定なので2月初め頃に動画を交えて感想をお知らせさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする