交差点を右折する時 赤信号は停止するのか通過してもいいのかについて

自動車の運転で分かり難いので教えてほしいと多くご質問頂くのですが、その中でも特に分り辛い「交差点を右折する時に前の信号が赤の時は止まるのかそれとも進んで良いのか?」について説明致します。

2016kousaten0023

交差点右折時の破線

上に掲載した写真の実際に交差点を右折する時の動画です。

基本的に直進は青なので交差点に侵入可能。しかし、右折すると今度は当然交差する側の信号は赤です。この時に信号に従う必要があるのか、赤なら停止し青信号に切り替わるまで待つのか?否、交差点なので直進の青信号に従って交差する側の信号は無視してもよく停車する必要は無い。

交差点を右折した時に信号に従う必要がある実線(一本の)がある例。

答えは簡単 これだけ覚えて下さい

何も知らなければ判断が難しいですが、これだけ覚えて置くと後々困らないです。

破線(点線)なら信号関係なく進むことが出来る。

2016s-forester0018

実線(まっすぐ一本の線)は信号に従う。赤なら停車

停止しなければならない交差点

図1が破線(点線)、図2が実線(一本の線)。これだけ覚えておいて頂ければ交差点の右折時困らないと思います。ただ破線だからと言って交通量の多い交差点を無理に通過しようとするのも危ないので、危ないと思ったら構わず停車して進行方向の信号が青になってから通過するようにすると良いと思います。安全運転第一。

2016kousaten0020

交差点を右折した先に信号があり、赤信号なら停車青信号なら通過しても良い交差点の動画です。

前の信号が赤でも通過出来る破線となっている交差点。右折してダンプカーが通過しているのでわかりやすいと思います。止まらないと行けないのではと戸惑いますよね。


もう一つ、通過しても良い破線の交差点。何故停車しているのかと言うと信号の直進矢印と左折矢印しか出ていないので停車しています。少し時間を置くと右折の矢印が出るので右折開始しています。

破線(点線)の交差点は危険

しかしながらこれだけは注意して欲しい。交差点って直進してくる自動車(主に左側)を注意しなければならないのだが、自動車の向こう側にある歩道を左側からも右側からも自転車と歩行者が横断しています。

破線だから自動車が来ていなければ通過しても良いのだが、通過する先の横断歩道の信号は青なので特に右側から来る歩行者と自転車には注意しなければならない。自転車と歩行者が横断しているなと思ったら破線付近で停車して待たなければならない

2016kousaten0021

左側から直進してくる自動車にも注意はもちろん必要なので、この事例の交差点は特に気を使う必要がある。ただこんな時、アイサイトがあれば歩行者が入れば自動的に止まるのでこうして記事を書いていると自動ブレーキアシストっていいなと強く思いました。

2016kousaten0022

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 此花住之江 より:

    この記事は貴重ですね。今まで見かけないトピックです。大都市じゃないとこの手の道路は存在しないですからね。両側2車線の一本道が渋滞してる時に反対側の車線に右折で入ってく場合のテクニックのほうが重要だという地方が多いかもしれません。

    ところで、もう一つシンプルなルールは、「交差点内には滞留・停止してはいけない」というのもあるかもしれません。仮に赤信号や歩行者が多過ぎや前が詰まっててとどまることになってもそれが解消し横からの交通も無い状況では赤信号だろうと速やかに前に進み交差点内は空にする、と。逆に今回の話題のように止まり続けなければならない個所は「交差点でない」と言えるでしょう。右折して向きを変えたその道の一部であり、交差している(直前に居た道)と「共有してない」ということですよね。右折して正面に見える信号に従うわけですから。交差点だったら右折して当然信号がすぐ見えてきますが、それは関係ないわけですから。