ランチア デルタ HFインテグラーレのマルティニカラー 珍しい自動車を芦有で発見

暖かくなってきたので久しぶりにインプレッサに乗って清荒神さんへお参りに行った後、珍しい高級車が集まる芦有ドライブウェイの展望台に行ってきたのですが、当日は朝は雨で珍しい自動車が一台も居なくてそろそろ展望台を出て帰宅しようかなと思ったら居ました「ランチア・デルタ」しかもボディカラーはマルティニカラー。

ランチアはイタリアの自動車メーカーで1972年にフィアット傘下に入り国外向けに自動車の販売を行っていない。

スーパーカーブーム世代にはランチアと言えば「ストラトス」。ミニカーやラジコンやプラモデルが沢山発売されていました。

  • 全長x全幅x全高 3900×1770×1365mm
  • ホイールベース 2480mm
  • 2.4リッターV型6気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 190ps/7000回転
  • 最大トルク 23.0kg.m/4000回転
  • トランスミッション 5MT
  • 駆動方式 MR

201604180017

動画に撮影したランチア・デルタの年式は不明。エクステリアの特徴はボンネットに熱を逃がすダクトが左右にあるのが特徴なので「HFインテグラーレ エボルツィオーネ2」でしょうか。年式はWRCグループA用ホモロゲーション取得の為に市販した初代デルタは1987年12月式。

ランチア デルタ グループAレプリカ

空気抵抗にしかならないように見えるルーフスポイラーには「MARTINI RACING」、フェンダーには「MICHELIN」のロゴが見える。動画にはエンジン音は入ってませんが、私は外にいてエンジン音を聞いたのですが「ジュゴゴゴゴ」と言うものすごい音を轟かせてました。

201604180010

丸目4灯ヘッドライトにグリルメッシュカバー越しにインタークーラーが見える。ドアミラーはあれば良い程度の小さなものが取り付けられておりとてもレーシーなエクステリアをしている。2016年現在でも中古車市場で購入は可能だが値段は相当高価でインプレッサ22Bと変わらない値段だと思われます。

201604180011

インテリアは流石に昭和。オーディオにはカセットテープレコーダーがよく似合うと思われる。

201604180013

 HFインテグラーレ エボルツィオーネ 主要諸元

  • 5ドアハッチバック
  • 全長x全幅x全高 3900×1770×1365mm
  • ホイールベース 2480mm
  • 2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力 210ps/5750回転
  • 最大トルク 31.0kg.m/3500回転
  • トランスミッション 5MT
  • 駆動方式 4WD

ランチア デルタ HFインテグラーレ 他グレード

HFインテグラーレ 16V。1989年1月発売モデル。HFインテグラーレのボディを前後オーバーフェンダー化にしフロント1448mm&リヤ1440mmワイドトレッドを採用。

  • 5ドアハッチバック
  • 全長x全幅x全高 3900×1690×1360mm
  • ホイールベース 2480mm
  • 2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力 200ps/5500回転
  • 最大トルク 31.0kg.m/3000回転
  • トランスミッション 5MT
  • 駆動方式 4WD

201604180015

HFインテグラーレ エボルツィオーネⅡ。1993年1月発売モデル。全幅1770mmのワイドボディを採用、フロント大型エアインテークバンパーに大型リヤスポイラーを装着。

  • 5ドアハッチバック
  • 全長x全幅x全高 3900×1770×1365mm
  • ホイールベース 2480mm
  • 2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力 215ps/5750回転
  • 最大トルク 32.0kg.m/2500回転
  • トランスミッション 5MT
  • 駆動方式 4WD

201604180016

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヘッドホンスケルトン より:

     乗っておられる方はラリーが好きなんでしょうね。 いい感じにキマッテいます!