スズキの新型「スペーシアカスタムZ」はインパクトの高い豪華で綺麗なフロントフェイス 2016年12月26日発売

スズキの主力軽自動車「スペーシア」にダイナミック且つ豪華なフロントフェイスデザインに仕上げた「スペーシアカスタムZ」を2016年12月26日発売へ。

http://www.suzuki.co.jp/car/spacia_customz/teaser/

スズキ スペーシアカスタムZ

スペーシアカスタムZ 特長

ベースモデルのスペーシアよりも四角くて長細いヘッドライトレンズにプロジェクター式LEDヘッドライト。青白く見えるのは6500k相当の色温度でフォグランプもロアグリル左右に取り付けられているLEDイルミネーションライナーランプも6500k相当の色温度に統一され、大きなエアインテークを持つアッパグリルとシルバー塗装のグリルカバーでとてもインパクトが高い仕上がりに。

グリルが割りと直角でボンネットも角度が少なく割りと角ばったデザイン。ライトユニットもグリルガーニッシュと真っ直ぐ。スペーシアは割りとつり目で大きなブーメランの様なデザインと対照的。

リヤ側はクリアレンズのL型デザインのコンビネーションランプ。ウィンドウ全体が大きいですが濃いスモーク塗装とマッドブラック塗装のウィンドウモールで独特の雰囲気。

ボディカラーラインナップ

ボディカラーは地味なカラーの多いベースグレードのスペーシアに比べて、明るく見栄えのするカラーリングが単色7色、ルーフブラックツートーン3色の合計10色をラインナップ。

クリスタルホワイトパール。

フェニックスレッドパール。

ブーストブルーパールメタリック。

アクティブイエロー。

ムーンライトバイオレットパールメタリック。

スチールシルバーメタリック。

ブルーイッシュブラックパール。

フェニックスレッドパール/ルーフブラック 2トーン。

ブーストブルーパールメタリック/ルーフブラック 2トーン。

アクティブイエロー/ルーフブラック 2トーン。

インテリア

インテリアはカスタムZ専用デザイン。ブラック素材ベースのシート素材にドアトリムやオーディオパネルそれにステアリングパネルはチタンシルバーカラーのアクセントが加えら、インパネメーターはホワイトカラーを採用。

レイアウトはスペーシアと同じで3本スポークステアリングにインパネシフトレイアウト。スピードメーターの文字盤はブラック。

スペーシアカスタムZ 予想諸元表

0.66L+モーターのマイルドブリッドシステムを採用。燃費も大幅な変更は無いと思われるのですが空気抵抗がカスタムZの方が大きいと思うのでもしかしたら燃費が少し悪くなる可能性も。

ターボ車 NAエンジン
全長x全幅x全高(mm) 3395x1475x1735(mm)
ホイールベース 2425mm
エンジン 0.66L直列3気筒ターボエンジン 0.66L直列3気筒エンジン
最高出力 64ps/6000回転 52ps/6500回転
最大トルク 9.7kg.m/3000回転 6.4kg.m/4000回転
モーター WA04A
モーター最高出力 2.2ps/1000回転
モーター最大トルク 4.1kg.m/100回転
駆動方式 FF / 4WD
JC08モード燃費(km/L) 26.8km/L(FF) 25.6km/L(4WD) 30.6km/L(FF) 29.0km/L(4WD)
トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする