マツダの新型SUV「CX-5」は2.5Lターボエンジンを搭載し2017年8月フルモデルチェンジ

マツダの人気SUV「CX-5」のフルモデルチェンジ2016年11月18日開催されるロサンゼルスモーターショーデビュー。発売は2017年2月。

搭載されるエンジンラインナップは「2.0L、2.5Lガソリンエンジン」、「2.2リッターディーゼルターボエンジン」のラインアップ。2.5リッターターボは今の所ラインナップには入っていない。

2016-m-20161118001

デザインは切れ長の細い目をしたヘッドライトと更にインパクトを増したシグネチャーウイングイルミネーションランプ。

2016-m-20161118002

広島のマツダ本社宇品第2工場にて11月29日より生産開始。

2016-m-20161130001

2016-m-20161130002

北米仕様のCX-5インテリアデザイン。センターコンソールの幅が広くゆったりとした室内。

2016-m-20161118007

フロアコンソールを現行型よりも高くレイアウトされておりフロアシフ位置が60mm高くなりシフト操作性がアップ。

2016-m-20161118008

主なモデルチェンジ内容

外観と内装デザインの変更と質感の向上。話題のコーナーリングアシストシステム「G-ベクタリング コントロール」の装備。

マツダの新しい技術「HCCI」と言う燃焼方式の採用は不明。

2016-m-20161124001

2016-m-20161124002

2016-m-20161124003

2016-m-20161124004

2016-m-20161124005

2016-m-20161124006

2016-m-20161124007

CX-5公式発表前情報

次期CX-5はSKYACTIV2技術の導入と新開発された「SKYACTIV-G 2.5T2.5リッター直噴ガソリンターボエンジンモデルが追加とコーナーリングをよりスムーズに曲る事をアシストする自動荷重移動システム「G-ベクタリングコントロール」を搭載し2017年8月から前倒しの2017年2月にフルモデルチェンジ。

尚、現行型は2016年11月16日生産終了、購入をお考えの方は大幅値引き期待大。

次期CX-5はRX-Visionデザインが採用され、超かっこよく生まれ変わる。

2016-m-0910001

カースクープ掲載の予想写真。スタイリッシュなエアロバンパーとサイドのキャラクターラインがフロントフェンダーからノーズまでラインが続く綺麗なデザイン。

2016-m-20161001001

エクステリアはこの春北米で発売されるCX-4に取り入れられるデザインコンセプト「KOERU」が採用され、さらに存在感の高いSUVデザインに仕上がりそうです。

2017 CX-5

フロントグリルのメッキトリムが太くヘッドライトまで伸び、LEDシグネチャーウィングイルミネーションデザインの変更とフォグランプ周りのデザイン変更が加わると予想される。

2016-m1-ca5

CX-5 2017モデル。グリルトリムの凹凸が強調されヘッドライトレンスは細い目をしている。

2016-m-20160808001

リヤコンビネーションランプとバンパー左右のリフレクターも細長いデザインに変更。ルーフスポイラー&シャークフィンアンテナは同じ。

2016-m-20160808002

こちらがCX-9です。フロントデザインはグリルは流行りの立体的なエアロにロングノーズと言うのでしょうかスバルもこのデザインが多様されています。

メッキパーツが多用されていて上質感も高くスタイリッシュ。ヘッドライトレンスは小さいデザインのものが採用されているもののシグネチャーウイングが取り入れられている。

2017cx5m-005

リヤ側のエクステリアは余り大きな変更は加えられないと思うのですがコンビネーションランプはフロントヘッドライトデザインに併せた細いレンズのデザインのものに切り替わる。全体的にエッジの効いたフォルムとなり現行の見た目5ドアハッチバックからややスポーツワゴンの様なデザインとなるかも知れないですよね。

2017cx5m-002

次期モデルの車両サイズは現行モデルよりも全長が少し大きくなりそう、予想は全長4560x全幅1840x全高1700mm。

パワーユニットのラインナップは現行の2.0リッター自然吸気式ガソリンエンジンと2.2リッターディーゼルターボに加えて新しい2.5リッターターガソリンボエンジン(SKYACTIV-G 2.5T)、最高出力230ps/5000回転、42.8kg.m/2000回転を発生、駆動方式はFF/4WD、トランスミッションは6AT。

2017cx5m-008

インテリアはBluetooth接続によるスマートフォンと連携可能な7インチのタッチスクリーン液晶がダッシュボード上にむき出し取り付けでは無くオーディオパネル内取り付けに切り替わる可能性あるとの事。ステアリングもDシェイプ型の採用やスポーティーなフロアシフトの採用も期待したい。

2017cx5m-003

2017cx5m-0012

安全面ではグレード別で自動ブレーキレーダーサポート含む総合安全運転アシスト機能を持つ「i-ACTIVSENSE」を装備可能。

ミリ波レーダーとカメラによる対車両衝突防止軽減自動ブレーキ(FOW)の他にオートハイビームロービーム(HBC)、夜間進行方向を自動的に照射するヘッドライト(AFS)、高速道路走行中接近車両を知らせる(RVM)、脇見運転居眠り運転を予防する車線逸脱感知システム(LDWS)。その他先行車の速度に併せて追随クルーズコントロールしてくれる(MRCC)からの構成となります。今の所対歩行者のレーダーブレーキアシストはマツダからはリリースされていないので是非歩行者にも対応した自動ブレーキアシストの装備も期待したいです。

2017cx5m-006

SKYACTIV・GEN2採用の可能性も

ガソリンとディーゼルエンジンで開発されているSKYACTIV・GEN2の一部が採用される可能性も。

圧縮比率を高め希薄燃焼を高度に組み合わせた高度な技術を用いて、燃費の向上と高出力を実現。

SKYACTIV GEN2の採用による全社平均燃費の目標値 マツダより。

20160925002

2017 CX-5 主要諸元

  • 全長x全幅x全高 4545x1690x1840(mm)
  • ホイールベース 2700mm
  • トランスミッション 6AT
  • 駆動方式 FF / 4WD

エンジンラインナップ

出力スペックは現行CX-5のものです。2.2リッターディーゼルターボエンジンは尿素を使う触媒へと変更となる為若干出力特性が異なる可能性があります。

  • エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 155ps
  • 最大トルク 20.0kg.m
  • エンジン 2.5リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 184ps
  • 最大トルク 25.0kg.m
  • エンジン 2.2リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 175ps
  • 最大トルク 42.8kg.m
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. abkanadet104 より:

    かげまるさんこんにちは!

    ついにマツダさんからもガソリンターボのSUVが発売されるのですね!

    CX-5のディーゼルターボも、分厚いトルクのおかげでかなり加速が良いと言われていましたが、その反面、フォレスターSJ型のXTと比較されてしまうこともしばしばあり、結局のところフォレスターには勝てないんだ、という風な書き込みをネットの掲示板等でよく見かけます。

    燃費と低速トルクの扱いやすさを重視したマツダのディーゼルターボと、高回転での走行も視野に入れて開発されたスバルのFA20ターボとでは、本来比較対象ではないのですが、やはりSUV業界全体から見るとこの二台は対抗馬として位置づけされる機会も多いため、マツダさんも気になっていたところなのではと推測します。

    なので、今回マツダさんがガソリンターボのSUVを発売したのも、少からずフォレスターの影響を受けてのものなのではないかと考えています。

    なので今回フォレスターやカイエン等のような「速いSUV」という、というカテゴリーの中に新たに次期CX-5が参入することで、どのような感じで競争が起こっていくのか、というのがとても楽しみです。

    マツダさんの直列型ガソリンターボエンジンといえば、以前スピードアクセラやスピードアテンザなどが、ありましたし、これもかなり速かったです。これらのエンジンは2.3リッターのターボでしたが、今回は2.5リッターターボということで、SUVらしいトルクの太さと高回転域での粘り強さを発揮してくれるかなり良いエンジンなんだろうと確信しています。

    如何せん、私自身がフォレスター大好きなため、今回新たにライバルが現れてくれるというのは、とても嬉しいです。
    そのうち、アテンザに同型の2.5リッターガソリンターボエンジンを搭載して、WRX S4の対抗馬的な車が登場してくれれば、もっと自動車業界が賑わっていくのになと考えている次第です。

    自動車市場全体としては、ハイブリッドカーがどんどん勢力を高めていっていますが、業界の隅っこの方でもいいので、今回のようなスポーツ志向の車の競争が存続していけばいいなと思いました٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

    • kagemarusuports より:

      まだ確定はしていないのですが、2.5ターボ濃厚という事です。フォレスターの他にも選択肢ができるのは良いことですよね。

      自動車業界全体的に大排気量を避ける流れになっているのですが、マツダが2.5ターボ搭載モデルをリリースする事で大排気量が流行る流れになる事を願ってます。

  2. 二丁目のおネエ より:

    CX9も日本発売ができるようにお願いいたします。