パナソニックナビ「ストラーダ」の地図データ更新手順

パナソニックのカーナビゲーション「ストラーダ」地図データ更新手順の説明。

ストラーダには期間限定の地図データ無料更新サービスが付属していることがあるのですが、指定期間外、例えば購入から2年間地図データ無償更新サービス付き条件だと3年目からは更新データは有料となり購入手続きが必要です。

また無料地図データを入手するにはユーザー登録が必要です。ストラーダ付属の説明書に記載しているシリアルナンバーを下記のページよりユーザー登録を完了して下さい。

市販品(オートバックスやイエローハットなど自動車用品店購入製品)又は自動車メーカー別純正ナビメニューのページを開いて「ユーザー登録」から必要な情報を入力し登録を完了します。

https://secure.mci-fan.jp/navi/registTop.do

ストラーダ地図更新に必要なユーザー登録書類のサンプル。

説明書の裏に記載されているのでご確認下さい。

ナビ説明書の裏に品番と登録するシリアルナンバーを確認できます。

地図データ更新に必要なもの

  1. Windowsパソコン(SDカードスロット搭載)
  2. パナソニックストラーダ内蔵地図データSDカード(自動車から取り出す)

パナソニックストラーダから内蔵のSDカード取り出し方動画を参照。

SDカードスロットが無いパソコンはUSB接続できるカードスロットが1000円未満で販売しているので別途ご用意下さい。

家電量販店で入手可能。パソコンに繋ぐだけでSDカードに地図データを保存する事ができる。

更新時の注意点ですが、自動車のバッテリーが弱っている時はエンジンを始動しながらナビの地図更新を行って下さい。もしもデータアップデート中に電源を失うとカーナビが故障する可能性がある。

地図データー更新の注意点

地図データの更新はものすごい時間が掛かります、最低1時間必要なのですがその間パソコンの電源が絶対に切れないようにして下さい。その他自動再起動等もされてしまうとSDカードの地図データ消失の恐れがあるので無効化にしてください。

次の準備をパソコンに行ってから地図データ更新を行って下さい。

  • 自動更新停止(Google検索結果一覧です。検索結果に出てくるWEBサイトを参照して自動更新を一時的に停止してください。)
  • ノートパソコンは電源をコンセントに差し込んで下さい。

ストラーダ地図更新とソフトの使い方

ストラーダカーナビの地図更新ソフト(無料)をパソコンにダウンロードします。

パナソニックにユーザー登録している場合は、地図データ更新があった場合に通知メールに地図更新ソフトダウンロードソフトのリンク先が掲載あるのでそちらの方からダウンロードしてください。

もしくはこちらの方からダウンロードする事も可能です。

http://panasonic.jp/car/navi/genuine/tos.html

ダウンロードした地図更新ソフト「setup_MU#.exe」(exeと言う表示がない場合もあります)をダブルクリックしてパソコンにインストールします。

インストール方法は簡単です。次へを選んで利用規約に同意をすると自動的にインストールを完了できます。

利用規約書「同意する」

「インストール」

インストール中なのでしばらく待つ。

「次へ」

「完了」

インストールが完了したらパソコンの画面に「地図更新アプリ」と言うショートカットが作成されるのでダブルクリックして起動します。

補足、SDカードはパソコンにセットしておいて下さい。

パナソニックストラーダの地図更新アプリケーション画面が表示されたら「登録」をクリック。

完了をクリック。

念の為「SDカードからナビゲーション情報を読み込みしました。SDカードは絶対に取り出さないでください」と言う文言が表示されている事を確認し「地図ダウンロード」をクリック。

しばらくお待ち下さいの画面は壊れているのでは無いのかと思うほど時間がかかる。

ようやくチェック完了出来たら「全地図更新:道路/検索データー/市街図」をクリック。

「全更新を行う」

ダウンロード開始画面の最初は驚くほど遅いが徐々にダウンロード速度は上がっていくが1時間は掛かる。

最初ダウンロード速度は2Mbps前後だったものが20Mbpsまで上昇。その後どんどん速度は上がる。

SDへ書き込みも少し時間が掛かる。完了するまで待ち途中でSDカードを絶対に抜いてはいけない。

これで完了です「閉じる」を押してからパソコンからSDカードを抜いて自動車のカーナビに戻します。

カーナビ側でも更新作業を行う。SDカードを元に戻す手順とカーナビ画面上で地図更新操作方法を説明した動画。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする