車のLEDルームランプ交換方法 PIAAとIPFとカーメイト3種類用意したので参考にしてください

自動車のルームランプを電球からLEDへ交換する手順の説明です。交換はとても簡単でしたので皆さんも挑戦されてみてはどうでしょうか。

今回オートバックスさんの方で3種類購入しました。

LEDルームランプ

ソケット形式は国産車用LED舟形(汎用ソケット、舟形(T8-28 T10-31))ルームランプ。

メーカは「PIAA IPF GIGA(カーメイト製品)」。

販売価格はそれぞれ異なり、販売目安価格は1800円~2400円前後。高価なものだと6,000円前後のものもありました。

色温度はPIAA製品は6000k、IPF製品が6700k、GIGA製品が6500k。オートバックス展示のルームランプ点灯デモサンプルで違いを見比べるもルームランプの色温度はどの製品もだいた青白い。IPF製品で70000kと言う製品がありましたが青色で暗く実用性に欠けると思い入手するかどうか悩みましたが結局購入を見送りました。

PIAAルームランプ(舟形)

PIAA舟形LEDルームランプ

製品の裏側。

2016-room-201612055

横長の3連LEDチップ。

2016-room-201612059

点灯した状態。6000kだけど一番綺麗な青白い色でした。

2016-room-2016120514

PIAAルームランプ(舟形)

IPF舟形LEDルームランプ

製品裏側、商品の説明。

2016-room-201612054

IPFのルームランプのLEDチップ。横長LED3連チップ。

2016-room-201612057

点灯した状態。手前がIPFの6700k。やや紫色でした。

2016-room-2016120512

GIGAルームランプ(舟形)

この製品は極性有りなので+/-逆に取り付けると点灯しない。

これだけ特価品で入手しました。

GIGA舟形LEDルームランプ

製品の裏側。

2016-room-201612056

比較的大きな2連LEDチップ。

2016-room-201612058

点灯した状態(左)。6500k。ちょうどいい感じの青白い色でした。右はIPFの6700kです。

2016-room-2016120513

ルームランプ 交換

柔らかいタオルと先が比較的小さいマイナスドライバーを用意。

タオルをルームランプレンスに当ててマイナスドライバーそ差し込むと少し隙間ができます。そこに指の爪を引っ掛けて軽く引っ張るとパカっとルームランプレンズは外れます。

その他の作業は動画で撮影してアップしましたので御覧ください。

LEDランプに交換したらフタを閉じる前に一度必ず点灯テストしてください。(スバル車以外は説明書をご確認下さい。)

スポット マップランプ 交換

スポットマップランプのレンズはかなり小さなマイナスドライバーが必要です。普通のマイナスドライバーだと爪に差し込めない。(私はピンセットを差し込んでフタを外しました。)

交換作業自体は簡単なのですが傷を付けないように必ずタオルを間に敷いて外して下さい。

2016-room-2016120510

カバーの外し方とランプの交換とカバーの取り付けする動画です。車種によって外し方が異なるのでスバル車以外の方は説明書を御覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする